閑散期

ご機嫌麗しゅうございます、朝野でございます。                                   寒気厳しきおりでございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

現在、業界全体の閑散期とオミクロンの影響によりお茶を挽く方が多いようです。                                                  (※お茶を挽くとは茶の葉を挽いて抹茶を作るのが暇のある人の役割だったことから、特に用事があるわけでなく暇であることを指す言葉です)

ルームで一人過ごす時間は無力さと不安を感じ、様々な要因も重なり気持ちが落ち込むかと存じます。                     

どうかご自身の魅力や強さを卑下せず、体調面を重視しこの時期を乗り切りましょう                   また、この時期の転々とする移籍は執事としてお勧め致しません。

ご自身を大切にし、セラピスト様にとって眠れない夜がきませんように

関連記事

  1. 年始のご挨拶

  2. 冬の乾燥

  3. 紅茶とハーブティー

  4. 時間確認

  5. セラピスト様の勝負めし

  6. ルームミュージック